悪い歯並びが引き起こす病気

MENU

悪い歯並びが引き起こす病気

このサイトでは、歯並びが悪いことで引き起こされる可能性があるとされる具体的な病気について列挙して紹介します。
しかしこれらは医学的・科学的な臨床報告に基づく情報ではありませんし、
歯科医療学会などが提供している情報でもありません。
あくまでもネット上に提供されている情報として理解してください。
 

 

「胃痛や胃炎」:
歯並びが悪いと噛むことが難しくなり、食べものをよく噛まずに飲み込んでしまいます。
そのことで消化に時間がかかり、
分解するために胃液の量が増えて胃に負担がかかることで胃炎や胃痛を引き起こします。

 

「下痢や便秘」:
胃で消化しきれなかった物は腸で消化されますが、
そのような状態が続けば腸への負担は重くなります。
その結果腸の担っている水分や栄養を吸収する機能にも影響が出て下痢や便秘を引き起こします。

 

「高血圧」:
歯並びが悪く特定の歯だけが噛み合うことで首の筋肉を圧縮させ動脈を圧迫します。
そのことで血液の循環が悪くなり、心臓に負担がかかって高血圧の原因になります。

 

「舌ガン」:
歯並びが悪いと舌を咬みやすくなります。
そのような舌への刺激を長年続けていると舌ガンの原因になると考えられます。

 

「歯周病による生活習慣病」:
歯周病は生活習慣病を引き起こす原因になるということが近年言われるようになりました。
歯並びが悪いと歯周病になりやすくなって、
その歯周病が原因で狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病などの要因になることがあると言われます。
これらの病気のほか「睡眠時無呼吸症候群」「仮性近視」
「肥満」「不眠症」「原因不明のイライラ」なども、
悪い歯並びが要因で引き起こされることがあるとの情報もあります。