目立たない歯列矯正

MENU

目立たない歯列矯正

子供の頃、友人が歯列矯正の器具を歯に装着していた様子を見たことがある人はいませんか?
あの矯正方法を成人した現在になってから始めるのは、なかなか難しいという感想を持つ方も多いことでしょう。
口元に矯正器具が付属した状態で人と会うのは恥ずかしいけど、歯列矯正にも挑戦したい。
そんな皆さんのために、目立たない歯列矯正の方法をご紹介します。

 

歯列矯正の代表選手ともいえるブラケットですが、最近では様々なタイプがあります。
目立ちにくいブラケットの筆頭が、歯の裏側に装着するタイプです。
歯の前部に装着するよりも矯正中の虫歯リスクが低く、
何よりも一見しただけでは歯列矯正中であることを悟られる可能性が低いのが魅力です。
ただし、料金は表側に装着するブラケットよりも高めです。
歯の表側に装着するブラケットでも、
審美ブラケットと呼ばれるタイプは歯と同色の素材で固定するため、目立ちにくいのが特徴といえます。
強度は金属製のものに比べると落ちますが、金属アレルギーの方でもご利用いただけるのがメリットです。

 

上顎の歯は裏側に装着し、下顎の歯には表側のブラケットの付けるハーフリンガル矯正も人気を集めています。
声を出す際、下顎側の歯に舌が当たることがありますよね。
そのため、下側に裏側矯正を施すと発音しにくいと感じることが少なくないのです。
しかし、ハーフリンガルの場合、
下顎は表側矯正なので発音に不具合をきたすことなく生活できます。
目立たないことを大前提に、
予算やプラスアルファの要素も鑑みたうえで歯列矯正の方法を吟味していきましょう。