歯列矯正の痛み

MENU

歯列矯正の痛み

歯列矯正の不安として挙げられるのが痛みはあるのかという点です。
そもそも歯列を矯正するということは、今生えている歯を器具で固定し、
歯を少しずつ動かしていくという仕組みになっています。
つまり、現在の歯並びと逆行した向きに歯を固定するわけですから、痛みを覚えることもままあるというわけです。
今回は、そんな歯列矯正の痛みについて詳しく見ていきましょう。

 

 

器具を付けた直後から覚える痛みは、まだ器具に歯が慣れていないことが原因と考えられます。
歯の根元や歯と歯茎の付け根が押されているような痛みです。
食物を噛むときにも痛むことがあります。
こうした痛みは器具を装着してから一週間ほど経つと段々収まってきます。
器具が頬の粘膜に当たり、口内炎を引き起こすのも歯列矯正の際によく見られる痛みです。
器具を装着する場所によって口内炎の大きさも変わってきます。
ご紹介したような痛みは、歯列矯正をしていれば誰しも経験するものです。

 

だからといって対策が無いわけではありません。
歯科医師と相談したうえで、ブラケットなどの器具に装着するワックスをもらうのも1つの手段です。
器具の表面が滑らかになり、口腔内の粘膜を傷つける可能性が低くなります。
歯の根元などから感じる痛みを我慢できないときには、市販の痛み止めを飲むのも良いでしょう。
ただし、基本的に痛みは治まってくるものなので、あくまで緊急手段として活用してください。
歯列矯正を始めたばかりのときは、
なるべく柔らかい食感のものを食べて歯に負担をかけないようにすることをおすすめします。
お粥やヨーグルト、ゼリーなど、歯に力を加えることなく飲み込める食品を準備しましょう。