歯列矯正の期間

MENU

歯列矯正の期間

大人になってから歯並びを矯正したいと考える人が多くなっています。
歯の健康や審美眼的な視点から見ても、歯並びが良いということにメリットを感じる方が増えているのです。
しかし、社会人として働いているとなかなか歯科医院に通う時間が取れないことも少なくありません。
そこで問題となるのが歯列矯正にかかる期間です。
歯科医院に通わなくてはいけない期間が短い方が、患者の負担も軽減されます。
今回は、治療方法ごとの矯正にかかる時間について詳しく見ていきましょう。

 

歯列矯正で最もポピュラーな手法といえば、ブラケットという器具を歯に巻いて行うものです。
よく見かける歯の前側にブラケットを付けるタイプの歯列矯正は、平均して2〜3年かかります。
費用は比較的安いのですが、その分時間がかかる治療だということを認識しておきましょう。
歯の下側にブラケットを装着する歯列矯正も同様の時間が必要です。
ただし、こちらはブラケットが歯の裏側にあるため、歯列矯正をしているという事実を周囲に悟られにくいというのがメリットです。
人と接する機会が多い仕事をしている方にとっては、ありがたい矯正方法といえます。

 

マウスピースによる歯列矯正も最近のトレンドです。
こちらはブラケットよりも期間が短い傾向にありますが、患者側の使用方法によって矯正の度合いが変わってしまうケースが見受けられます。
上記の方法よりも短期間で歯列矯正を終えられるのが、インプラント矯正や部分矯正です。
前者はインプラントによる補助のおかげで、矯正したい歯だけをピンポイントに固定します。
部分矯正はそもそも施術の対象となる歯が少ないため、矯正にかかる時間が短縮されるのです。
歯科医院で歯列矯正をする際には、施術の価格だけではなく矯正にかかる期間にも注目して自分に合った方法を選びましょう。